グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




外科

 腹部消化器および一般外科の診療を行っています。特殊・専門外来として乳腺外来(土曜日の完全予約制・希望により女性専門医対応も可)・肛門外来の診療も行っています。日々の診療にあたっては、「自分自身、もしくは自分の家族がこの病気になった時、どうして欲しいか」という視点を常に心掛けています。

 外来診察日は日・祝日を除く毎日午前中です。腹部消化器および一般外科・肛門外来は日・祝日を除く連日行っています。外科外来では一般的なキズ(切り傷、擦り傷など)やデキモノに対する処置や手術、あるいは手術後の患者さまの経過診察などを行っています。手術は消化器全般(胃、腸、肝、胆、膵、肛門など)をはじめ、鼠径ヘルニア(脱腸)、痔(いぼ痔や切れ痔など)、乳腺疾患などに対して行っています。また、腹腔鏡下胆嚢摘出術や腹腔鏡下胃切除術・腹腔鏡下大腸切除術など、胃癌・大腸癌・虫垂炎・ヘルニアなどに対しても腹鏡視下手術を積極的に導入しています。鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下手術(TAPP)や内痔核に対する切らない手術(ジオン注の四段階注射療法)にも積極的に取り組んでおります。


消化器外科

 食べ物が通る管状通路である食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・直腸・肛門などの疾患を手術いたします。機能をできるだけ温存する手術を目指し、腹腔鏡下手術の適応や直腸腫瘍に対しての肛門温存術式(人工肛門を避ける手術)検討します。

肝臓・胆嚢・膵臓(肝胆膵外科)

 最も多い手術は、胆石や胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術です。少しでも術後の回復を早めるため、細経鉗子の利用や単孔式手術も適宜実施しています。

内分泌・一般外科

 当科では日本外科学会外科指導医・日本消化器外科学会消化器外科指導医、外科専門医、消化器外科専門医が勤務しております。乳腺専門医による乳腺外来を始め、内分泌臓器(甲状腺、副甲状腺、副腎、膵)、小児外科(ヘルニア、虫垂炎、腹腔内腫瘍、腹部外傷)、腹部損傷、成人ヘルニア(希望者には局所麻酔での短期入院手術や全身麻酔での腹腔鏡下のTAPP)、外傷創傷治療、肛門疾患(痔核四段階注射療法、裂肛・直腸脱手術)、急性腹症手術(虫垂炎、腸閉塞・腸管穿孔)、外来化学療法などを施行しております。また特に境界領域(皮膚科、整形外科、泌尿器科、産婦人科などの外科系疾患)で、患者さま自身では何科を受診して良いか判断しかねる時など、スタッフに気軽に相談していただければ適任の専門医に治療を依頼したり共同で治療を担当いたします。

ソケイヘルニア手術

2016年9月1日現在