グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科・部門紹介  > 診療部  > 脳神経外科

脳神経外科

脳神経外科は、脳および神経(精神的という意味ではありません)に関係した病気の中で、外科的な処置を必要とする病気を扱う診療科です。

外来を受診する人の主な症状として、頭痛、半身麻痺、言語障害、めまい、しびれ、物忘れ、意識障害等があります。
上記のような症状をきたす代表的疾患には、脳内出血・クモ膜下出血・脳梗塞に代表される脳血管障害、頭部外傷、脳腫瘍、てんかん等があります。

脳神経外科で取り扱う疾患の中で、慢性硬膜下出血、正常圧水頭症、脳血管障害などは認知症の原因にもなります。
診断のためにはCTスキャン、MRI、脳波等の検査が行われます。
CTスキャンは、頭部外傷や脳血管障害等の緊急疾患の診断に行われる検査です。MRIは、小さな脳梗塞病変や脳腫瘍の検査時に行います。脳波は、主にてんかんの診療に行われています。

脳の血管の検査は、カテーテルによる検査以外に、MRIによる脳血管撮影、CTスキャンによる三次元脳血管造影(造影剤を使います)、超音波装置による頚部内頚動脈検査など比較的負担の少ない検査があります。
脳血管障害は重い後遺症を残す病気であり、発症してからでは遅く、予防に努めることが大切です。高血圧症、糖尿病、高コレステロール血症等のある方は放置せずに治療しましょう。
しかし、すでに上記の症状のある人はなるべく早く外来を受診してください。