グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科・部門紹介  > 診療部  > 血液浄化センター

血液浄化センター

 当院の血液浄化センターでは、血液浄化を中心とした治療を行っています。看護師・臨床工学技士と共に、より良い透析治療が提供できるようにスタッフ一同、治療のサポートを行っています。


血液浄化センターからご挨拶

血液浄化センター長
曽我 弘樹

 豊郷病院血液浄化センターは2003年8月に開設して以来、導入、維持期の血液透析(HD)、血液濾過透析(HDF)を中心に実施しています。2016年8月現在48名の血液透析患者様が透析治療を受けておられます。
 月・水・金は2クール、火・木・土は1クールで血液透析患者様を受け入れておりますので、施設見学などの
ご希望の方は院内地域連携室を通して是非、御一報下さい。

血液浄化センター紹介

看護部

透析看護認定看護師 
鉾立優作

 当院の血液浄化センターは看護師5名、CW1名の配置で日々勤務しています。透析看護経験は様々ですが、看護師のキャリアと、患者さんと同じ生活者の視点で、日々の看護に取り組んでいます。入室時は「おはようございます」「こんにちは」退出時は「お疲れさまでした」など明るく挨拶しています。患者さんの持っておられる
セルフケア能力を十分発揮できるよう、日々通う透析室の雰囲気づくりも大切にしています。
 透析患者様が透析治療を受けられるなかで生きがいをもち、日々の生活を送っていただけるようサポートとしていきたいと考えています。 また、透析治療においても安心・安全・安楽な透析治療が提供出来るよう取り組んでいます。

臨床工学科

臨床工学科技師長
福本 喜之

多用途透析用監視装置 (DCS-100NX)          12台
多用途透析用監視装置 (DCS-100NX)(オンラインHDF)   2台 BV測定可
個人用多用途透析装置 (DBB-100NX)           1台
個人用多用途透析装置 (DBG-03) (オフラインHDF)      2台
多人数用透析液供給装置(DAB-20NX)            1台
A剤溶解装置(DRY-11A) 、B剤溶解装置(DRY-01)  各1台
逆浸透水処理システム(MXE752-L)              1台

・当センターには、常時技士3名前後配置し、業務を看護師と分担しています。
・機器保守・点検はもちろん、血液データ管理も行っています。
・透析液清浄化を図るためエンドトキシン・生菌測定を行っています。
・様々なニーズに応じられるよう日々体制を整えています。

施設紹介

カンファレンス中

透析中