グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科・部門紹介  > 診療部  > 皮膚科

皮膚科

 皮膚科では各種皮膚疾患の診療を行っています。代表的な疾患としては、湿疹、アトピー性皮膚炎、足白癬(水虫)、爪白癬(爪水虫)、蕁麻疹、ウイルス性疣贅(いぼ)、乾癬、接触皮膚炎(かぶれ)、ざ瘡(ニキビ)、脂漏性皮膚炎、手湿疹(手荒れ)、その他の皮膚良性腫瘍、円形脱毛症、帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛、皮膚潰瘍、痒疹、粉瘤、尋常性白斑、脂漏性角化症、薬疹・中毒疹などが挙げられます。皮膚疾患によって引き起こされる痒みなどの不快な症状、外見の変化は患者さんの生活の質を大きく低下させます。たかが皮膚病かもしれませんが、されど皮膚病ですので、皮膚疾患でお困りの方は早めの受診をお勧め致します。
 当院では、滋賀医科大学から皮膚科専門医の派遣を受けて診療を行っています。当院周辺には皮膚科専門医がいないため、地域の方々のご要望にお応えできるよう努力しています。手術など外科的治療が必要な疾患の方や入院が必要な方、詳しい検査が必要な方は、滋賀医科大学附属病院もしくは近隣の総合病院を紹介させて頂きます。


皮膚科
午前
加藤---西川(※)-

(※)は女性医師です。
2021年10月1日現在