グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科・部門紹介  > 医療技術部  > 視能訓練士

視能訓練士

視能訓練士とは?

視能訓練士:Certified Orthoptist(CO)
小児の弱視や斜視の視能矯正や視機能の検査をおこなう国家資格を持つ専門職技術職として日本では1971年に誕生しました。
視機能のスペシャリストとして、乳幼児からご高齢の方まで世代を超えて皆さまの大切な目の健康を守るお手伝いをしています。

視能訓練士の業務内容

1. 視能矯正
視覚の発達する年齢は限られています。お答えを引き出すのが難しい低年齢の小児の視機能検査をおこない、弱視や斜視に対しての視力向上や正確な両眼視機能の獲得を目的とした視能訓練をおこないます。
2. 眼科一般検査(眼科診療に係わる視機能検査全般)
  人間の眼は、とても複雑で大切な器官であるため、多くの検査があります。
視力検査、屈折検査、眼鏡処方検査、眼圧検査、視野検査、眼の奥の写真や組織の断層を撮影する画像診断検査、正確な手術をおこなうための手術前の検査など様々な眼科一般検査および精密な特殊検査も担当します。
医師の診断や治療に必要なデータを提供し、眼科医療をサポートしています。

参考文書:日本視能訓練士協会HP

当院では、視能訓練士2名、検査助手1名が在籍しています。
眼科領域における専門技術者として、乳幼児からお年寄りまで世代を超えて皆様の大切な目の健康を守るお手伝いをしています。
診療でわからなかったことや、検査についての質問などにも丁寧に説明させていただきます。
2021年10月1日現在