グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 看護師の皆さんへ  > 看護部について  > 看護部長からご挨拶

看護部長からご挨拶


 医療の多様化・高齢化が進む今、地域で安心して生活して頂けるよう医療・看護の提供が求められています。多様なヘルスケアニーズに対応する中、私たち看護部は、意思決定支援を大切にしています。
 意思決定場面は、患者様の思いを聞き取る所から始まります。「歩けるようになりたい。食事は自分で食べたい。自宅に帰りたい。」など、思いを聞き支援するための方法を、医療と生活の両面から、多職種が医療チームとして一緒に考えサポートしていきます。治療を受けて頂いた後も、安心して住み慣れた地域での生活が継続できるように、入院時から退院後の生活をイメージし地域と連携しながら、患者様・ご家族の思いを繋げ、その人らしい生活ができるように退院支援に取り組んでいます。
 一人ひとりの看護師が、患者様の思いを聞き取り、看護専門職としてより良い看護の提供ができるよう自ら考え、アイデアを出し合い、看護部理念である、「その人らしさの回復をめざし、その人らしく生きることを支える」ことを目指しています。

2021年10月1日現在