医療安全室

 公益財団法人豊郷病院の医療安全室は、平成19年4月に設置され、医療安全室室長、医療安全担当医、医療安全管理者他4名の合計8名で構成されています。医療安全管理者(専従)がリスクマネージャーや各委員会と連携し、医療事故をできる限り減らすために以下の業務に取り組んでいます。

医療安全室とは

 医療安全室では、患者様が安心して、安全な医療を受けていただけるように努めています。また、患者様にも参加、ご協力いただいています。
 「医療安全のスタートは名前確認から・・・」と言われています。患者誤認防止の取り組みとして、患者様ご自身に、フルネームでお名前を言っていただき確認しています。入院中は、リストバンドをつけていただき、誤認防止対策を行っています。
 院内の転倒・転落防止対策に努め、現場と連携しながら対策に取り組んでいます。

業務内容

  • 医療安全対策に関する現場の情報収集及び実態調査
  • マニュアル作成および点検ならびに見直し
  • インシデント・アクシデントレポートの収集と分析
  • 医療安全に関する教育研修の企画・運営・評価

平成28年9月1日現在