院長ご挨拶

私たちは皆さまから地域の宝としてみていただける病院になるように常に一歩前進します

院長
蔦本 尚慶

 “豊かな郷で、心と体の健康を、家族のように”が公益財団法人豊郷病院の基本理念です。この理念に基づき、地域の医療・保健・福祉を郷土愛と博愛の創立精神で支えていくことが病院の使命だと思っています。
 厚生労働省は、精神疾患を、がん、脳卒中、心臓病、糖尿病と並ぶ「5大疾病」と 位置づけました。日本には、世界がまだ経験したことのない超高齢化社会が迫っています。在宅医療や介護の充実がこれからの我が国の課題です。豊郷病院の特徴である一般病棟に精神科病棟・認知症外来・訪問看護ステーション・介護老人保健施設・居宅介護支援・訪問リハビリテーション・グループホーム・デイサービスセンター・ヘルパーステーションなどを併せ持つ、複合医療施設の機能にさらに、回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟を新設し、今まで以上に地域の皆様のお役に立てるように頑張っていきたいと思います。
 診療のほかに、臨床精神医学研究所における臨床研究とともに、内科系・外科系の医師のキャリアアップが出来るように学会施設認定の推進と大学病院との連携で、臨床研究も推奨しております。看護師・薬剤師などすべての職種においても、同様な姿勢で同僚の確保と育成に情熱をもって望んでおります、地域の皆様のご援助・ご協力よろしくお願いいたします。

2016年9月1日現在