グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 特色と取組み  > 医療安全管理室

医療安全管理室

医療安全管理室の基本方針

 当院は、医療安全管理体制の確立を図り、安全な医療の遂行を徹底するため「人間はエラーをおかす」という観点に立ち、個人の追究ではなく、医療安全管理システムの課題として捉え、院長、医療安全室長、医療安全管理者、医療安全管理対策委員会を中心として有機的な体制を構築し、組織横断的に取り組んでいます。

医療安全管理室の構成

医療安全室室長(副院長 兼務)
リスクマネジメント委員会委員長(副院長 兼務)
医療安全管理者(看護師長:専従1名・看護師 専任1名)
医療機器管理責任者(医療技術部長 兼務)
医薬品管理責任者(薬剤部長 兼務)
事務員(医事課長 兼務)

主な業務内容

1,リスクマネジメント委員会、医療安全管理対策員会の開催

 毎月1回、院長を含め、各部署のリスクマネジャ(部長、課長、師長)が出席し、報告された事例を検討し  
 改善策や結果を各職場に周知し再発防止に努めています。
  *リスクマネジャ・・・各部署の現場で安全管理を担当する者

2,インシデント・アクシデントの分析や再発防止策についての検討

 各部署からの、インシデント・アクシデントの報告は、レポートシステムに入力され、安全室で確認してい 
 ます。報告されたレポートを毎週、医療安全対策カンファレンスを実施し、事例の内容を確認し改善策を検 
 討し再発防止に努めています。
 1か月間の報告事例を電子カルテに取り込み、職員がいつでも事例を閲覧することができ、職員のリスク意 
 識を高め事故防止につながるように取り組んでいます。
 *インシデント・・・患者様に被害を及ぼすことがなかった、あるいは被害が小さかった日常診療現場で 
  「ヒヤリ」とした「ハット」した出来事を言います。
 *アクシデント・・・ある医療行為が患者様に実施され、患者様への影響が中等度または大きかった事象を
  言います。

3,医療安全に関する職員への研修、広報

 全職員対象とした「医療安全研修会」を年2回開催しています。全職員の参加を目指し研修会を実施していま 
 す。
 院内で発生した事例や他施設で起こった事例を共有するために「医療安全ニュース」として取り上げ、安全に 
 対する意識を高めています。

4,患者支援相談窓口

 患者・家族様からの医療安全に関する相談に応じるために、医療相談窓口を設置しています。
 相談に関するお問い合わせについては、院内総合受付の掲示板をご覧ください。または職員にお声掛けくださ
 い。

2021年10月1日現在