グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 病院について  > 院長ご挨拶

院長ご挨拶

令和2年  −非常事態にこそ医療機関の連携・協力が不可欠−


院長
横田 徹

 新型コロナウイルスに罹患され亡くなられた方、豪雨による水害で被害を受けられたみなさまに心より哀悼の意を表します。
 本年度早々より、新型コロナウイルスに翻弄され続け、前半が過ぎました。日本を含め多くの国々で、日常生活のみならず、医療や介護が最も大切としている対面での患者さんへの診療さえも制限され、困難な状況に置かれている方々も多いと思います。今回のコロナ禍により、経済はもとより、社会構造全体の変革を余儀なくされました。とはいえ、わが国において、欧米諸国に比べて新型コロナウイルスによる重症者数が少ないことは、海外からも注目されているのは皆さまもご存知の通りです。何が海外と異なるのか、いくつかの指摘はなされていますが、多くの国民が行動変容に関して団結したことも一因ではないでしょうか。
 今回、グローバル化による爆発的な感染の拡がり、社会・経済構造の脆弱さが露呈したことは、多くの人々の意識に大きな変容をもたらしました。一方で、医療従事者はいつの時代もその本分を果たさねばなりません。例えば、感染予防に関し、病院では感染管理委員会があり、科学的な情報に基づく対処を行っています。今回の新型コロナウイルス感染は勿論のこと、様々な感染症に対する感染管理を行い、診療業務が安全に行えるよう、近隣の医療機関や病院と連携しています。
 わたし達はみなさまの精神と身体の健康をお手伝いすることで、社会に貢献することを責務としております。医療・介護は、医療従事者だけでなく、患者さんへのサービスの提供に関わる行政の方々、介護職を含めた福祉関連の方々を含め、多職種の方々に支えられて初めて機能します。この様な非常時こそ、一人ひとりの患者さんを大切にして丁寧な診療を行ないたいと考えています。

 歴史の歯車は皆様と共に回り続けます。医療・介護の本質を見据え、地域医療の一翼を担うべく、時代にあわせ進化、発展していかねばなりません。
 今後ともご指導、ご支援のほどよろしくお願いいたします。
2020年9月30日現在